沿   革


明治23年(1890)-初代・髙岡準太郎、現在本社所在地に於て乾海苔卸売業を開業。

昭和10年(1935)-二代目・髙岡圭次は、東京大森産の浅草海苔を取り扱い、現在の基盤をつくる。

昭和20年(1945)-髙岡圭次、東京総合食品組合理事長就任にあたり、薄利多売"をモットーに

"乾海苔の卸売業に専念、業界における地位を不動のものとした。

昭和27年(1952)-株式会社髙岡屋設立、資本金150万円。

昭和38年(1963)-増資、資本金600万円。

昭和40年(1965)-企業の合理化及び流通機構の改良に着手、

海苔の販売価格引き下げに努力し、ブランド商品"幸福のり"を発売。

昭和41年(1966)-秋田店開設。

昭和43年(1968)-髙岡正則、代表取締役に就任。

昭和44年(1969)-埼玉県岩槻市に工場及び倉庫を設立(名称を埼玉工場とする。)

昭和45年(1970)-増資、資本金1200万円。
            
埼玉工場の設備増強及び倉庫を増設。

昭和47年(1972)-本社ビル新築落成(8階建て、延面積1480㎡)。 郡山営業所開設。

昭和51年(1976)-増資、資本金2400万円。

昭和53年(1978)-第一次コンピューター導入。

昭和54年(1979)-埼玉工場の第三期工事として、新工場建設。

昭和56年(1981)-札幌店開設。

昭和57年(1982)-新潟出張所開設。

昭和60年(1985)-全九州海苔入札指定商組合へ加入。

昭和61年(1986)-米国、ロスアンジェルスに、現地法人
            "Takaokaya U.S.A.,Inc"設立。

昭和62年(1987)- 群馬駐在所開設。

平成元年(1989)- 第二次コンピューター導入によるオンライン完成。

平成2年(1990)- 郡山営業所及び工場新築完成。

         創業100年を迎え帝国ホテルにて100年祭開催。

平成4年(1992)- 中国江蘇省南通市如東県に合併会社
         "南通海達水産食品有限公司"設立。

平成8年(1996)- 中国上海市に上海髙岡屋食品有限公司開設。
            東京城南島業務部配送センター開設。

           -増資、資本金4800万円。

平成14年(2002)- フランス、パリに駐在員事務所開設。

平成16年(2004) - 増資、資本金7200万円


平成18年(2006)  -  埼玉工場の増改築工事として、新製造厚生棟建設。
            
東京城南島業務配送センター閉鎖 埼玉岩槻工場へ業務部門統合移管。

平成22年(2010) - メキシコ El Marques.Qro.Mexicoに、現地法人
          TAKAOKAYA MEXICO.S.A.deC.V.設立

平成23年(2011) - 髙岡 則夫、代表取締役社長に就任。

平成24年(2012) - "南通海達水産有限公司"合弁期間満了 

平成24年(2012) - 弊社会長の髙岡正則が内閣府特命担当大臣より表彰されました。

           - 株式会社髙岡屋は、農林水産大臣より感謝状を戴きました。 

平成27年(2015) - 本社新社屋建設 

平成27年 6月1日現在

copyright©2014 takaokaya co., Ltd. all rights reserved. 31/10/16